Blog 葬儀ブログ

葬儀費用はいくら?相場は?葬儀屋が教えます!

葬儀の基礎知識

公開日 2022年3月24日 最終更新日 2022年4月26日

りん

葬儀費用がいくらかかるかご存じの方は少ないと思います。
葬儀で喪主をなされた経験があれば別ですが。
日本消費者協会の2017年調査によりますと、葬儀費用の全国平均は約195万円でした。
現場での相場観と比べると「高いな」という感じです。
実際に葬儀費用がどれくらいかかるか記していきます。

葬儀費用の内訳

湘南市民葬祭の一日葬を例に説明していきます。

葬儀費用を大別すると次の通りとなります。

・葬儀一式の費用
項目:寝台車(2回分)・専任スタッフ・各種仏具・遺影写真・祭壇

・接待費用
項目:お食事・返礼品

・施設料金
項目:斎場使用料・火葬場使用料・ご遺体安置

・寺院に支払う費用
項目:お布施・お車代・戒名料

・その他
供花代・湯灌・ラストメイク

葬儀費用 基本料金・他にかかる費用・追加オプション

先ほど、葬儀費用を5つの項目に分けました。

それらを3つの項目に分類してみると。

①基本料金→葬儀一式の費用

②他にかかる費用→施設料金・寺院に支払う費用

③追加オプション→接待費用・その他


葬儀費用の総額の算出方式は次の通りです。
 
 葬儀費用総額=① + ② ( + ③ )

葬儀費用 必須の項目とそうでない項目

上記の①から③で、葬儀で必ず発生する費用(必須項目)、ご家族がご希望で選べる費用(オプション)に分けていきます。

<必須項目>
①基本料金
②他にかかる費用

<オプション>
③追加オプション

お食事・返礼品・供花・メイクは、参列者の状況や葬儀の位置づけにより、ご家族がお選びいただくことになります。

葬儀費用 実際にいくらかかるか事例説明

打ち合わせ
先ほどの一覧をもう一度記しておきます。
①基本料金→葬儀一式の費用
②他にかかる費用→施設料金・寺院に支払う費用
③追加オプション→接待費用・その他
 [葬儀費用総額=① + ② ( + ③ )]

ここでは施行事例を用いて、葬儀費用についてご説明いたします。

式場:藤沢市斎場・藤沢聖苑
参列:15名
プラン:一日葬

①基本料金 
21万円

②他にかかる費用
施設料金:2万4千円 ご遺体安置:3万3千円 寺院(当社が手配):9万円 小計:14万7千円

③追加オプション
食事:4万5千円 返礼品:2万4千円 小計:6万9千円

葬儀費用総額=① + ② ( + ③ )に当てはめてみます。
 
 ①21万円+②14万7千円+③6万9千円=総額42万6千円

葬儀費用 注意点

□【重要】利用する葬儀社によって、基本料金に含む項目は変わってきます

□お坊さまをお呼びしない自由葬(無宗教葬)でしたら、”寺院に支払う費用”は発生しません

□菩提寺からお越しいただく場合、お布施やお車代などはお寺さまによって違いますので、ご確認いただくことになります

□事前に見積もりを作成しておくと、大まかな葬儀費用をイメージできます

葬儀費用 まとめ

・葬儀費用の全国平均約195万円
・当社一日葬の葬儀事例で約43万円

「全国平均に比べて湘南市民葬祭の葬儀費用は安い」ということを宣伝するのが、今回の記事の狙いではありません。

神奈川県で公営斎場を使用し、
大規模な葬儀を行わなければ、
200万円近くの葬儀費用なんて発生しません、
ご安心ください、
ということをお伝えしたかったです。

参列者数が20名ほどまででしたら、葬儀費用の相場は数十万円単位となります。

葬儀費用のお見積もりが必要という方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。


この記事をシェアする